ムーンライトに魅せられて

アクセスカウンタ

zoom RSS Raspberry PiをMPDで便利に

<<   作成日時 : 2013/02/17 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このページは書きかけです(汗)
いまひとつ自分の触ってきたLinuxと違うので違和感が。。。
この記事はArch Linux ARM環境でしたが、
結局、最初の実験に使用したRaspbian “wheezy”環境が自分にはしっくり、安定動作もしているので
そちらに戻ってしまったので、当面?永久に?このままかも(汗)

mpdの設定とか、自分の覚書として参考にはなるので、とりあえず残します。


Raspberry PiでMPDを使ってみました。

MPDを動かすと、WindowsやAndroidからリモートでメディア再生をコントロールできるようになります。

ちょっとでもいい音で聞きたいので、USB-Audioを接続しました。
# 実はあるものを作成中で、その実験に一環のメモです。

この実験環境は
$ uname -a
Linux alarmpi 3.6.11-6-ARCH+ #1 PREEMPT Mon Feb 11 02:33:03 UTC 2013 armv6l GNU/Linux

はじめからmpd,mpcはインストールされていない場合は
$ pacman -S alsa-utils mpd mpc
$ mkdir -p /var/lib/mpd/playlists <=多分不要
$ touch /var/lib/mpd/mpd.db
$ touch /var/lib/mpd/mpdstate
$ chown -R mpd.audio /var/lib/mpd

ちなみにこの環境のUpgradeは、
最初にpacman自体を最新化
$ pacman -Sy pacman
$ pacman -Syu

さて、USB-Audioは言いますと
$ cat /proc/asound/cards
0 [LXUOT2 ]: USB-Audio - LUXMAN LXU-OT2
LUXMAN LXU-OT2 LUXMAN LXU-OT2 at usb-bcm2708_usb-1.3, full speed
これ「Stereo」という雑誌の付録です。
すでに改造済みで、その成果の確認も含めての実験です。

$ vi /etc/mpd.conf
#audio_output {
# type "alsa"
# name "My ALSA Device"
## device "hw:0,0" # optional
## format "44100:16:2" # optional
## mixer_type "hardware" # optional
## mixer_device "default" # optional
## mixer_control "PCM" # optional
## mixer_index "0" # optional
#}
これを
audio_output {
type "alsa"
name "My ALSA Device"
device "hw:0,0" # optional
## format "44100:16:2" # optional
## mixer_type "hardware" # optional
## mixer_device "default" # optional
## mixer_control "PCM" # optional
## mixer_index "0" # optional
}
あと、
music_directory "/var/lib/mpd/music"
#bind_to_address "localhost"
auto_update "yes"
zeroconf_enabled "yes"
zeroconf_name "Music Player"
mixer_type "software" =>Volumeをコントロールしたい場合

ちなみに
cat /proc/asound/cards
0 [ALSA ]: BRCM bcm2835 ALSbcm2835 ALSA - bcm2835 ALSA
bcm2835 ALSA
1 [UA1A ]: USB-Audio - EDIROL UA-1A
Roland EDIROL UA-1A at usb-bcm2708_usb-1.2, full speed
この場合にEDIROL UA-1Aから音を出したい場合は、
"hw:0,0"−>"hw:1,0"

Arch Linux ARMでのuser追加は
$ adduser newUSERNAME
$ passwd newUSERNAME
adduserが無い場合は、
$ pacman -S adduser

Arch Linux ARMのイメージをSD Cardに書き込んだ直後は、使えてない領域があるので
$ df
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
rootfs 1713424 477800 1148584 30% /
/dev/root 1713424 477800 1148584 30% /
devtmpfs 84924 0 84924 0% /dev
tmpfs 236560 0 236560 0% /dev/shm
tmpfs 236560 340 236220 1% /run
tmpfs 236560 0 236560 0% /sys/fs/cgroup
tmpfs 236560 0 236560 0% /tmp
/dev/mmcblk0p1 91962 23980 67982 27% /boot
^^^^^^^^^^^^^^^^
$ fdisk /dev/mmcblk0
Command (m for help): p

Disk /dev/mmcblk0: 2002 MB, 2002255872 bytes, 3910656 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x0004f23a

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/mmcblk0p1 * 2048 186367 92160 c W95 FAT32 (LBA)
/dev/mmcblk0p2 186368 3667967 1740800 83 Linux
^^^^^^^^
Start 186368を記録 <=重要(defaultで出るけどね)

Command (m for help): d
Partition number (1-4): 2
Partition 2 is deleted

Command (m for help): n
Partition type:
p primary (1 primary, 0 extended, 3 free)
e extended
Select (default p): p
Partition number (1-4, default 2): 2
First sector (186368-3910655, default 186368):
Using default value 186368
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (186368-3910655, default 3910655):
Using default value 3910655
Partition 2 of type Linux and of size 1.8 GiB is set

Command (m for help): w
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.

WARNING: Re-reading the partition table failed with error 16: Device or resource busy.
The kernel still uses the old table. The new table will be used at
the next reboot or after you run partprobe(8) or kpartx(8)
Syncing disks.
[root@alarmpi ~]#resize2fs /dev/mmcblk0p2
resize2fs 1.42.6 (21-Sep-2012)
Filesystem at /dev/mmcblk0p2 is mounted on /; on-line resizing required
old_desc_blocks = 1, new_desc_blocks = 1
The filesystem on /dev/mmcblk0p2 is now 465536 blocks long.

[root@alarmpi ~]# df
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
rootfs 1832816 477140 1267552 28% /
/dev/root 1832816 477140 1267552 28% /
devtmpfs 84924 0 84924 0% /dev
tmpfs 236560 0 236560 0% /dev/shm
tmpfs 236560 336 236224 1% /run
tmpfs 236560 0 236560 0% /sys/fs/cgroup
tmpfs 236560 0 236560 0% /tmp
/dev/mmcblk0p1 91962 23980 67982 27% /boot
[root@alarmpi ~]#
使用したのが2GのSDなのでほとんど変わりませんが、領域は広がりました。

サービスのStart/Stopを簡単に
$ pacman -S initscripts
これで「rc.d start|restart|stop サービス名」が使用できる。
たとえば、「/etc/rc.d/mpd start」

ロケールとキー配置,タイムゾーンの設定
/etc/rc.confを編集
#LOCALE="en_US.UTF-8"
LOCALE=”ja_JP.UTF-8″
DAEMON_LOCALE="no"
HARDWARECLOCK="UTC"
#TIMEZONE="America/Chicago"
TIMEZONE="Asia/Tokyo"
#KEYMAP="us"
KEYMAP=”jp106″

/etc/locale.genを編集、「ja_JP.UTF-8 UTF-8」のコメントアウトを外す。
$ locale-gen
/etc/locale.confを編集
LANG=en_US.UTF-8
LC_COLLATE=C

LANG=ja_JP.UTF-8
LC_COLLATE=C
LC_TIME=ja_JP.UTF-8

ちなみに日本語フォントはXを使用しなければ、別途インストールは不要。

もしなんらかでTime-zoneがうまく設定できてない場合は、以下でできるが、
多分、rc.confの編集に間違いが無ければ大丈夫...かな
$ timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

Pythonを使用したいので
$ pacman -Sy python3

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
美味しい愛媛産柑橘ジェラートのジェラテリアUNO
AVA+ZULU 口座開設 AVAFX 口座開設
Raspberry PiをMPDで便利に ムーンライトに魅せられて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる